>

日本の龍脈はどこか知ろう

運勢の流れを読んでみよう

運勢の流れのことを、龍脈と呼んでいます。
龍脈を自分側に引き込むと、運勢がよくなります。
運勢が悪い時は、龍脈が遠ざかっている可能性が高いです。
また龍脈の付近に行くことで、自然からエネルギーを頂けると言われています。
運勢をよくしたい人は、龍脈を探してください。
気候の高い場所が、龍脈の入り口になります。

風水を利用することで、龍脈を引き込むことができます。
自宅に引き込むと、自分だけでなく家族の運勢もよくなるので、いいことがたくさん訪れます。
エネルギーを頂きに行く場合は、30分以上龍脈に滞在してください。
それ以下の時間では足りないので、十分にエネルギーを頂くことができません。
運勢が変わらないので、行っても無駄になります。

よく使われる龍脈

建物を建築する時なども、龍脈の考えが使われることが多いです。
通り道があないと、龍脈を引き込むことができません。
ですから建物が建っている一帯の運勢が、悪くなってしまう恐れがあります。
龍脈を引き込むために、建物を密集させないことが大切です。
通り道を作るとそこに龍脈が流れるので、周辺の運勢がよくなります。

現在建設されている場所を見ても、建物が密集していて、通り道がまったくないというところは少ないですよね。
ほとんどの地域で龍脈を考慮して建物が建てられているので、通り道がきちんとあります。
龍脈を無視して建設すると、工事がうまく進まないこともあります。
工事中に大きな事故が起こらないよう、龍脈を意識しています。


この記事をシェアする